o coLinux のネットワーク設定

Geek-Side

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2005/08/28
coLinux-0.6.3-pre13

coLinux のネットワーク設定

ページ内索引
Windows側のネットワーク設定
Gentoo Linuxのネットワーク設定
Gentoo Linux SSHの設定
スワップパーティションの設定
その他の設定

前回まででcoLinuxが起動するところまでは行いましたが、ネットワークの設定等、実際に使用するには まだまだ不足している部分があります。このままでは emerge sync もできません。

今回インストールを行うマシンのスペックは次の通りです。
マシンIBM ThinkPad X24
OSWindows XP Professional Edition SP2
CPUIntel Pentium3 1.13GHz
メモリー640MB
ビデオカードATI Mobility RADEON

Windows側のネットワーク設定

coLinuxでネットワークを使用するためのWindows側の設定を行います。
今回は TAP WIN32ドライバーを用いたブリッジ接続を行いました。
まず、「コントロールパネル」から「ネットワーク接続」を選択します。
Windows側のネットワーク設定
ネットワーク接続画面

私の環境では、元々使用していた「ローカルエリア接続」の他に今回インストールした TAPドライバ用の「ローカル エリア接続2」が追加されていました。
二つの接続を選択し、右クリックメニューの「ブリッジ接続」を選択してください。以下の画面が現れます。

※ブリッジ接続を行うと、元々使用していた接続の設定(IPアドレスやDNSの設定内容等)
 が消えてしまいます。
 ブリッジ接続を行う前にこれらをメモしておくことをお勧めします。
Windows側のネットワーク設定
ブリッジ接続

ブリッジ接続のプロパティを開き、元々使用していた接続の設定を行います。(マシンのIPアドレス、DNSアドレス、ゲートウェイ等)
Windows側のネットワーク設定
ネットワーク接続画面

Gentoo Linuxのネットワーク設定

Windows側のネットワーク設定が終われば、次はGentoo Linuxのネットワーク設定です。
coLinuxを起動し、ネットワーク設定を行います。

IPアドレスやGatewayを設定する必要がある場合は /etc/conf.d/net を設定します。
以下の例では、IPアドレスとして 192.168.1.1 Gateway として 192.168.1.2 を設定しています。
iface_eth0="192.168.1.1 broadcast 192.168.1.255 netmask 255.255.255.0"
gateway="eth0/192.168.1.2"

DNSを設定するために、/etc/resolv.confを以下のように編集します。
例ではDNSサーバーとして、192.168.1.3を指定しています。
nameserver 192.168.1.3
ネットワークを再起動します。
# /etc/init.d/net.eth0 restart

起動時にネットワークデバイスも起動するようにします。
# rc-update add net.eth0 default

Gentoo Linux SSHの設定

付属のコンソールだと、Copy & Paste が出来なかったり、スクロールができなかったりと、何かと不便です。 そこで、SSHでリモート接続できるように設定します。

まずRootパスワードの設定を行います
# passwd

設定するパスワードを二度入力するように求められますので、入力してください。
SSHを起動します。
# /etc/init.d/ssh start

次回起動時に自動的にSSHが立ち上がるように、SSHをデフォルトランレベルに設定します。
# rc-update add sshd default

WindowsからSSH接続する方法はSSHクライアント PuTTyの導入を参考にしてください。

SSH起動後、SSHクライアントソフトを用いて、リモートログインします。
デフォルトの設定ではrootアカウント/パスワードでログインできます。
先ほど設定したパスワードで入力します。

スワップパーティションの設定

次に、スワップパーティションを作成します。

スワップパーティションとして設定したブロックデバイスを /dev/cobd/1 とすると、以下のコマンドで スワップパーティションを作成します。
# mkswap /dev/cobd/1

スワップを有効にします。
# swapon -a

/etc/fstab に以下の内容を追記し、起動時にスワップパーティションがマウントされるように設定します。
/dev/cobd/1      none            swap       sw                      0 0

その他の設定

coLinuxとはいえ、コンパイルオプションは Gentoo Linux を普通にインストールしたときと同じように設定します
今回のシステムはIntel Pentium3のマシンです。
/etc/make.confは以下のようになりました。
CHOST="i686-pc-linux-gnu"
CFLAGS="-march=pentium3 -O2 -pipe -fomit-frame-pointer"

このエントリーをはてなブックマークに追加