Geek-Side

このエントリーをはてなブックマークに追加  

2004/12/12

SnipSnapのインストールと基本設定

SnipSnapはJavaで書かれたWebLog & Wikiツールです。
Weblogやってみたい! & Wikiにも興味ある! 私にはぴったりのソフトでした。
また、Postgresqlでデータを管理できる事も選択の理由です。

SnipSnapのインストール

SnipSnapをインストールします。
root $ emerge -uv dev-java/snipsnap-bin
インストールされたSnipSnapのバージョンは 1.0_beta1 でした。

Postgresqlの設定

SnipSnapのデータをPostgresqlで管理するために準備を行います。
Postgresqlのインストール等は当サイトのPostgreSQLのインストールと基本設定や他の ドキュメント類を参考にしてください。

ここではSnipSnap用のDBの作成とユーザーの作成について解説します。
まずはPostgresqlの管理権限のあるユーザー postgres に su します。

root $ su - postgres

SnipSnap用のDBを作成します。例では gside と言うデータベースを作成しています。

postgres $ createdb gside
CREATE DATABASE

SnipSnap用のユーザーを作成します。例では snipsnap と言うユーザーを作成しています。
このユーザーにはデータベースを作成する権限とユーザーを作成する権限は与えないようにしました。
また、 -P オプションを指定する事でパスワードを設定する事ができます。

postgres $ createuser -P snipsnap
Enter password for new user:
Enter it again:
Shall the new user be allowed to create databases? (y/n) n
Shall the new user be allowed to create more new users? (y/n) n
CREATE USER

SnipSnapの初期設定

SnipSnapを起動します。

root $ /etc/init.d/snipsnap start

SnipSnapが起動されると、/opt/snipsnap/server.log にログが出力されます。
このログにはSnipSnapの初期設定を行うための URL が出力されています。
下記は /opt/snipsnap/server.log の一部です。黄色字で示された部分が設定を行うためのURLになります。

ATTENTION: Server is still unconfigured!
ATTENTION: Point your browser to the following address:
ATTENTION: http://www.gside.org:8668/install/d3bee
ATTENTION: To force setup of a specific host and port add '?expert=true'
ATTENTION: to the above URL.

上記URLにブラウザでアクセスすると以下のような画面が表示されます。
SnipSnap初期設定画面
SnipSnap初期設定画面 データ管理

データ管理についての設定画面です。今回はPostgresqlを用いてデータを管理します。
設定項目を以下に示します。

  • Data Storage:PostgreSQL Database Server を選択
  • JDBC URL:jdbc:postgresql://localhost/gside
    先に作成したローカルの gside と言うデータベースを指定します。
  • Database User:snipsnap
  • Password
    これも先に作成したユーザー名とパスワードを入力します。
SnipSnap初期設定画面
SnipSnap初期設定画面 管理者アカウント

管理者用のユーザー名、パスワード、メールアドレスを指定します。
メールアドレスはパスワードがわからなくなった場合にパスワードを通知するために使われます。

SnipSnap初期設定画面
SnipSnap初期設定画面 基本設定

タイトルやロゴ等を設定します。この画面で行う設定は後からでも変更可能です。

SnipSnap初期設定画面
SnipSnap初期設定画面 その他の設定

その他の設定(ローカライズ等)が行えますが、ここで行える設定は後からでも変更可能です。
[StartSnipSnap]ボタンを押せば、いよいよSnipSnapが起動します。

SnipSnap初期設定画面
SnipSnap画面

無事SnipSnapが起動した時の画面です。
見ての通り初期状態でもなかなかかっこいい画面です。
Index
SnipSnapのインストールと基本設定
Squirrelmailのインストールと設定

このエントリーをはてなブックマークに追加   ツイート