いつもやりたい技術に巡り会うとはかぎらない

2007–08–11

アンチパターンだらけのプロジェクトからもようやく脱出し、 新たなプロジェクトに参加することになった。また途中のフェーズからだけど。

一見してヤバそうな前回のソースとは違い、 今回はまだマトモそう。 色々話できる人もいるし。 自分の会社をどうするかってのも考えんといかんけど、 目の前のプロジェクトにもモチベーションを維持せんとね。

今回はstrutsにDIコンテナって組み合わせ。 DIコンテナってのは、何となく敬遠してきたし、 Strutsってのも今更あえて自分からやらないと思う。

これらは自分から進んでやる技術ではないわけだけど、 不思議とモチベーションが下がらず、やっていけてる。 どんな仕組みなのか結構ワクワクしながら追えてる。 決して自分からはやらないこれらの技術の、いいとこ悪いとこを見極めたくてしょうがないって感じ。 以前までどうしてこういう気持ちにならなかったのか不思議だけど、同じ働くならこの方がいいわな。

閉じこもらずにいろいろな技術に触れるってのはいいことだと思う。 この前、OpenBSDのPortsやpkg_addに触れたのもいい経験だった。 パッケージ管理といえば、Gentoo Portageな自分としては、なかなか新鮮だった。

この歳になってどんどん貪欲になってる気がする。 っていうか今までが浅かったのか。