Slack ゆとりの法則 読了

2007–12–05

トム・デマルコの本は前から気にはなってたんだけど、 今の現場の人が「Slack ゆとりの法則」を貸してくださると言うことで、読ませてもらった。 2001年に初版なようなので、だいぶ遅れをとった感があるけど。

テーラーによる製造業管理手法がそのまま適用できない、 いわゆるホワイトカラーな仕事の特徴とその管理に関する論点は、 ダニエル ピンクの「フリーエージェント社会の到来」や、 P・F. ドラッカーの著書にもよく書かれている内容。 そこに本書のタイトルである「ゆとり」による変化の醸成をプラスして、 効率化の罪悪を突いていくところは、効率化という言葉に悪いイメージが一切なかったため、 なかなか衝撃的だった。

もう一つ、品質管理という言葉にも悪いイメージはなかったのだが、減点法による品質管理に終始して、 創造性から来る高品質を殺してしまう様を説明してくれる。

効率化、品質管理という今までマイナスイメージのなかった言葉に変わって 本書では効果的という言葉が強調されてる。そして効果的を狙うとリスクが立ちはだかる。

この本で感銘を受けたのは、上記を踏まえて、 いかにリスクを取っていくかと言う点をわかりやすく示してくれた所。 リスクを取るメリットとリスクを取らないデメリットを示し、 本当のリスク管理とは何かを示してくれる。 自分はこの本は「ゆとり」というより「リスクの楽しさ」に関する本だと感じた。

自分の周りの企業や、自らの生き方を深く考えさせられる書でした。