Geek-Side

このエントリーをはてなブックマークに追加  

Subversion Tips

このページではSubversionとTortoiseSVNの小ネタを随時更新していきます。

TortoiseSVNでファイルに実行権限を与えるには?
TortoiseSVNでリポジトリのURLが変わった場合
TortoiseSVNでプロクシ経由でリポジトリに接続するには
編集時にロックの取得を必須にするには

TortoiseSVNでファイルに実行権限を与えるには?

ファイルのプロパティで変更する事ができます。
ファイルを選択して右クリックメニューからプロパティを選択します。
プロパティ表示後にSubversionタブを選択すると以下の画面が表示されます。

プロパティの変更
プロパティの変更

選択したファイルに実行権限を与えたい場合は、上の画面のようにリストボックスに"svn:executable"を選択し、 下のテキストボックスには何でも良いので値を入力します。 以上でファイルに実行権限が付与されます。

TortoiseSVNでリポジトリのURLが変わった場合

何らかの理由でリポジトリのURLが変更された場合、TortoiseSVNの設定を変更し、コミットや 更新を行う先のURLを変更する必要があります。
この場合、TortoiseSVNの右クリックメニューで現れる「再配置」を行うことで、URLを変更する ことができます。

URLを変更したい作業ディレクトリを選択し、右クリックすると左下の画像のような 右クリックメニューが現れます。
「再配置」を実行し右下の画像のようなダイアログが現れたら、変更後のURLを入力します。

右クリックメニュー再配置
プロパティの変更
再配置
再配置

例ではリポジトリのURLをhttp://svn.collab.net/repos/tortoisesvn/trunkからhttp://example.com/repos/tortoisesvn/trunkに変更しています。

TortoiseSVNでプロクシ経由でリポジトリに接続するには

ネットワークの構成上,プロクシを経由してリポジトリに接続する場合には,設定を行う必要が 有ります。

右クリックすると現れる右クリックメニューで「設定」を実行します。するとダイアログが表示されるので、「ネットワーク」タブを選択してプロクシのアドレスとポートを 設定します。

右クリックメニュー
右クリックメニュー
右クリックメニューの「設定」を実行します。
設定
ネットワークの設定
サーバーアドレスとポート(必要であればユーザーとパスワード)を入力します。

例ではプロクシのサーバーのアドレスを192.168.1.1,ポートを8080と設定しています。

編集時にロックの取得を必須にするには

Subversion バージョン1.2以降ではロック機能を使うことができます。
ロックを取得せずに編集、コミットする事も可能ですが、編集する場合は必ずロックを取得するように 設定する事も可能です。
この設定により、編集後、コミットしようとしたら他の人にロックされていた という事が無いようにすることが出来ます。

設定を行いたいファイルを選択し、右クリックメニューでプロパティを選びます。
下の例のように、リストボックスから svn:needs-lock を選び、下のテキストボックスには 何でも良いので文字を入力すれば設定完了です。

svn:needs-lockの設定
svn:needs-lockの設定
右クリックメニューの「プロパティ」を実行します。
svn:needs-lockの設定
svn:needs-lockの設定後

Index
Subversionのインストールと設定(Apache編)
Subversionのインストールと設定(svnserve編)
TortoiseSVNのインストールと設定
TortoiseSVNの使い方
Subversion Tips

このエントリーをはてなブックマークに追加   ツイート